Biography

ジャズシンガー高崎安沙子

About Asako Takasaki;
Born in Toyama, Japan, Asako fell in love with Jazz when she was 20 years old.
She was encouraged by her long time mentor Hirotaka Izumi to start singing and her first professional engagement was to sing the Japanese National
Anthem on Nippon Broadcasting Inc of Japan.
She fell in love with jazz and hasn’t looked back. Moving to New York City in 2004, Asako has been on the scene ever since and also recently started to
study with Concord Recording Artist Karrin Allyson.
“All of Me” marks her first recording and features some great standards with lovely arrangements and a stellar band.

All of Me ~ will be release 2013
Asako Takasaki – Vocal
Michael kanan – Piano
Neal miner – Bass
Michael Petrosino – Drums

プロフィール
高崎 安沙子  ジャズシンガー
富山県出身、2001年初渡米
ニューヨークにてコンコールドレコードアーティストのカーリン・アリソン氏に師事
現在、アメリカ、日本にて日米のミュージシャン達とライヴ演奏を続ける。

ニューヨーク在住。

2000年

ニッポン放送 報道番組「三つの君が代」にて海上自衛隊の伴奏にて国歌斉唱

2001年

ヴォーカルレッスンのため初渡米

2003年

アポロシアターアマチュアナイト出演

現スタッフのキーボードプレーヤー ジェイムス・スミスのレコーディングに参加

2004年

全曲オリジナル曲アルバム“ This is AKO ”発売

越智巌:ギター  吉木稔:ベース  松岡隆弘:パーカッション  DJ SEN:ターンテール

2005年

アルバム“Moon River”発売

高免信喜:ギター  及部恭子:ピアノ  田中秀彦:ベース

2006年

ニューヨークにてプロとして演奏活動を始める

2007年

初日本ツアー

2009年

シングルCD ”JAZZ VOCALIST ”を日本と米国にて同時発売
井上智 – ギター
門前啓子発声教育研究所の公認講師となる

2013

アルバム“All of Me” を日本と米国にて同時発売予定
ニューヨーク・トリオ
マイケル・ケナン :ピアノ  ニール・マイナー:ベース  マイケル・ペトロシーノ:ドラム

Texte alternatif